ヘルスエイド®
ビフィーナ®S(スーパー)
30日分(30袋)

ヘルスエイド®
ビフィーナ®S(スーパー)
30日分(30袋)

機能性関与成分
ビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個
届出番号:C17
3,570
(税込 3,856円)

数量 : 0

  • -
  • +
カートに入れる

商品紹介

ヘルスエイド®ビフィーナ®S(スーパー) おなかの調子を整えたい方に

私たちの腸の中には、たくさんの細菌が棲みついています。その種類は数百~1,000種類、約100兆個と言われています。ビフィズス菌は、約100年前に発見されて以降、世界的に研究が進められ、プロバイオティクスとして広く使用されてきました。プロバイオティクスとは「腸内フローラのバランスを改善することにより、ヒトの体に有益な効果をもたらす生きた菌」のこと。ビフィズス菌は約30種に分類され、そのうち主にロンガム種をはじめとする4種類が、ヨーグルトなどの食品に使用されてきました。

ビフィズス菌のサプリメントビフィズス菌のサプリメント

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を食品として摂ることにより、腸管に有益な作用をもたらしてくれることが、早くから注目を集めていました。

腸内フローラとは?

私たちの腸内には、数百~1,000種類、約100兆個もの最近が棲みついていると言われています。それら細菌群の生態系を「腸内フローラ」と呼びます。

独自のカプセル技術でビフィズス菌を生きたまま腸へ

ビフィズス菌はpH1.2という強い酸性を示す人工胃液の中で生き残る確率は、わずか0.00007%以下で、ほとんどが死滅してしまいます。そこで「ビフィーナ®」の製品化にあたり、森下仁丹はビフィズス菌(ロンガム種BB536)を胃酸から守り、腸まで届ける耐酸性の3層構造の「ダブルプロテクトカプセル」を10年の歳月をかけて開発。さらに研究を続け、「ハイパープロテクトカプセル®」の開発に成功。「ビフィーナ®」に含まれるカプセルで守られたビフィズス菌(ロンガム種 BB536)の人工胃液中での生存率はなんと約90%に達することが確認されました。

ビフィズス菌生存率の比較表

  • ビフィズス菌は当社カプセルの原料であるBifidobacterium longum BB536株を使用
  • ビフィズス菌を空腹時に相当する人工胃液(pH1.2)中に入れ、2時間後の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格「ビフィズス菌」の定量法により測定し、生存率を算出(仁丹バイオファーマー研究所調べ)
2週間あたりの排便回数

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の摂取による排便回数への影響

平均値±標準誤差, * p<0.05
被験者:21歳から45歳(平均年齢31.6±7.2歳)までの重度の便秘症を除く便秘傾向者55名(男性12名、女性43名)のうち週あたりの排便回数が2~5回の者48名摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を20億個含む食品または対照食品を2週間毎日摂取)
清水(肖)ら, Japanese Journal of Lactic Acid Bacteria, 18(1), 31-36, 2007 から改変

  • ※研究レビューでの評価
  • ※届出に使用した論文のうち、代表的な1報を事例として提示います。

おなかの調子を整えたい方に、ヘルスエイド®のビフィーナ®S(スーパー)

機能性表示食品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。
ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

  • 機能性表示食品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • 摂取上の注意:1日の摂取目安量を守ってください。
  • 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。